Loading…

Works事業内容

Works事業内容

Inking work
墨出し工事

墨出し工事

墨出し工事は、建設業の中でも特殊な仕事です。

建物を作るにあたって、最初から最後まで現場に携わり、建設現場で仕事をするほとんどの作業に関わる仕事をしています。
それだけに品質(精度)を求められる仕事ですが、面白くやり甲斐のある仕事です。

墨出しは、杭工事、山留工事、型枠工事、鉄筋工事、鉄骨工事、PC工事、金物工事、建具工事、内外装工事など、全ての工事において設計図を原寸大に描く仕事です。
超高層ビルや特殊建築物を建てるには、精度のよい基準墨・基準レベル、設計図通りの正しい位置出しが要求されます。

現在では、レーザー照射器を使用してレーザー光をあて、その線に沿って墨を出し、建物の柱・壁・天井・床が直角・水平かを確認することもあります。

墨つぼについて

墨つぼについて

墨つぼは、工具の1種で、材木に直線を引いたり、建築現場で基準墨となる地墨や腰墨を引くために使われます。
もともとは、木でできており、壺の部分には墨を含んだ綿が入っていました。糸車に巻き取られている糸をぴんと張り、糸の先についたピンを材木に刺します。
この状態から糸をはじくと、材木上に直線を引くことができます。
建設途中の梁や柱など、材木の間が離れている所でも、この道具を使用することにより正確に直線を引くことができます。
いまでは、さすがに木の墨つぼはなくなりましたが、形状としてはおなじようなものです。

墨の種類

墨には、水平を出すために壁面に出される「陸墨(ろくずみ)」、柱や壁の心の位置を示す「心墨(しんずみ)」、構造心や仕上げ面などから一定の距離を離したところ出す「返り墨」や「逃げ墨」などがあります。

  • 陸墨(ろくずみ)…各階の水準の基本となる水平線を示す墨のことである。
  • 芯墨(しんずみ)…柱や壁の中心となる位置に示す墨のことである。
  • 返り墨…障害物があって墨が打てないときに、一定の距離を離した位置に示す墨のことである。逃げ墨とも言う。

Architectural survey
建築測量

建築測量

マンションやオフィスビル、商業施設、福祉施設、医療施設、教育施設などの新築工事現場、リニューアル工事現場にて建物の位置出しから内装仕上げまでに必要な測量・墨出しを行い、設計図通りに原寸を現場に墨を使って再現し、高さ、角度、幅を測り線を引いていきます。

一般測量

建築測量

主に土地を2筆以上分ける分筆登記のための測量や、固定資産税等の算出の目的となる登記の地積を正しく訂正する地積更正、登記のための測量及び必要書類の作成を行います。
隣接する道路・水路の資料調査及び境界の確定を必要とするため隣接との立会い、境界標の設置を行います。

用地測量

建築測量

建物建設の敷地測量のことで、隣接する土地(道・水路を含む)との境界を確定し、敷地内の高低差、建物・工作物の配置等を測量し図面化します。 大規模建築物に必要な真北測定が必要な場合もあります。

GPS測量

建築測量

GPSとは、Global Positioning Syistemの略で、米国国務省が開発した軍事衛星の電波を受信して、地球上のどこでも、経度緯度を測定し、位置等の測量を行う技術です。
具体的には、カーナビゲーションや携帯電話の位置情報システムなど、身近にも広く使われています。このGPSを測量に使うことで、高速かつ高精度な測量が可能となります。

3D測量

建築測量

設備やインテリアなどの短距離から土木現場の現況作業や大型構造物まで、幅広い距離レンジでの作業が可能です。

Contactお問い合わせ

測量、墨出しのことなら翔南にお任せください。
求人・採用のお問い合わせもお気軽にご連絡ください。

FAX 0285-53-2425
営業時間 9:00~18:00 / 定休日 日曜日・祝日